Apple Gift Cardをお得に購入する方法

ファミマのスウェットが大人気!?売り切れ店続出の理由

「これは良い商品だ」「かなりコスパが良い」 ファミリーマートが2023年12月に発売したスウェットがSNSで好評。あまりの人気に店舗によっては売り切れになってしまうことも。ファミリーマートに答えを聞いた。


ファミリーマートのスウェットを全種類見る

売り切れの店舗もございます このスウェットシャツは、ファミリーマートがファッションデザイナーの落合博氏と共同開発したアパレルブランド「コンビニエンスウェア」の商品。

「良い素材、良い技術、良いデザイン」をコンセプトに、これまで靴下やタオル、Tシャツなどの商品を発表してきた。靴下は2023年には累計販売数が1500万足を超えるほど人気だ。

スウェットはトレーナー(2990円)、パーカー(3990円)、パンツ(2990円)の3種類。厚手のUSコットン素材を使用しており、肌触りが柔らかく、毛羽立ちも少ないとのこと。


発売後、SNS上では「履き心地が良い」とコストパフォーマンスを評価する声が投稿された。売り切れの店舗もあり、「5店舗を回って購入した」という人もいた。

コンビニエンスストアと親和性のあるアイテムであり、ファッションの定番アイテムであると考え、コンビニエンスウェアにスウェットを導入したとのこと。 売上は「予想を上回った」。一部店舗では在庫切れとなっているが、同社では「現時点で再入荷の予定はないが、今後検討していきたい」としている。

購入者に感想を聞くと「SNSなど各種メディアで好評をいただいている」との回答に対し、今後もコンビニ対応商品の開発を進めていくと述べた。 初期のコンビニエンス衣料品は靴下、タオル、下着が主でしたが、現在ではカーディガン、サンダル、そしてスウェットシャツにまで範囲が広がっています。

今後の商品展開について同社は、「今は頭から足先まで組み合わせられるコンビニエンスウェアを展開しているが、さらにバリエーションを増やしていきたい」と語った。




「スウェット」は、主にスポーツや運動をする際に着用される衣類の一種であり、通常は裏地がフリースやタオル地などである、厚手で保温性のあるトレーニングウェアのことを指します。以下に、スウェットに関する詳細を説明します。

  1. 素材: スウェットは、通気性があり、保温性が高い素材で作られています。一般的な素材には、コットン(綿)やポリエステルがあります。これらの素材は、快適で動きやすく、同時に体温を保ちます。
  2. デザイン: スウェットは、通常、トレーニングや運動の際に着用するために設計されています。シンプルなデザインが一般的で、しばしばクルーネックやフード(パーカー)がついていることがあります。裾や袖口はリブ編みになっていることが多く、これにより風や寒冷な空気が侵入しにくくなっています。
  3. スポーツウェア: スウェットは、スポーツウェアとしてだけでなく、カジュアルな日常の装いとしても広く受け入れられています。特に寒冷な季節や運動前後の温かさを求める際に重宝されます。
  4. スウェットパンツ: 上述のスウェットトップス(スウェットシャツやパーカー)と一緒に、スウェットパンツも一般的に利用されます。これは、同様に保温性があり、動きやすいデザインのパンツで、スウェットセットとして揃えて着用することがあります。

スウェットは、その快適さと実用性から、様々な活動や日常生活で人気のあるアパレルアイテムとなっています。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

Share via
Copy link