Apple Gift Cardをお得に購入する方法

ピクミン・すみっコ・ちいかわに 共通する「ある魅力」とは

『ピクミン4』はシリーズ初のミリオンセラーゲームとなった。


4作目の大ヒットは企業努力もあるが、昨今の「ちいかわ」ブームにも通じる応援意欲もあるだろう。令和の現代日本人に共通するある傾向について考えてみましょう。

●売り切れ続出の再販グミ ピクミンの大ヒットの経緯 ゲーム「ピクミン」のキャラクターのキーホルダーが付属した「ピクミンマスコット&フルーツグミ(バンダイキャンディ)」、通称「ピクミングミ」は、昨年8月の発売以来大好評を博し、1月15日には品薄状態となっていた。

再発売され、全国で瞬く間に完売となりました。その日のXのトレンドワードにも「ピクミン組」がランクインした。

今年になってようやくピクミンの人気が高まったが、シリーズ第1作目がゲームキューブで発売された2001年当時は、CMソングは大人気だったものの、ゲームソフト自体の売り上げやピクミンキャラクターの流通は振るわなかった。

最新作『ピクミン4』は2023年7月に発売され、シリーズ初のミリオンセラーとなったが、この躍進の裏には、ゲームの外でピクミンを普及させようとする任天堂の起業家的な努力があった。 、現在人気の「すみっコぐらし」や「ちい川」、そして少し遡れば「鬼滅の刃」にも共通点があり、現代の日本人、生きている日本人にはある種の傾向があるように思えます。

令和の時代、当たり前の時代。それは避けられないことです。もう少し詳しく説明したいと思います。

ピクミンは「ミニトマトくらいの大きさ」(公式サイトより)で、頭に植物が生えた二足歩行の生き物です。ゲームでは、プレイヤーはプレイヤーの指示に従い、アイテムを輸送したり、橋を建設したり、自分よりも大きな原生生物に群がって倒したりします。

生命力は高くないので、注意しないとすぐに死んでしまいます。ホイッスルが鳴ると整列するなど、高い知性と従順な一面も見せます。

ピクミンのプロモーションソングについては、著作権の関係でここでは書かないほうが良いと思うので詳しくは書きませんが、懸命に働きながらも時には搾取されるピクミンたちの悲哀を歌った曲です。

それは歯車のように滅私奉公を求められた当時のサラリーマンのイメージと重なり、多くの世代から支持されました。 ゲーム内容は一風変わっており、ピクミンが物を集めるのが目的です。

まず、マップの隅々まで探索し、未知と遭遇し、同時に些細な謎を解く冒険の魅力があります。そして、効率よく進める(ゲーム内では「ダンドリ」といいます)には頭を使う必要があります。

これは挑戦的でエキサイティングなアクション ゲームです。

●「面白いのになぜ売れないのか?」任天堂の認知度向上への取り組み 任天堂公式サイトの開発秘話によると、ピクミンシリーズの生みの親は初代ピクミンシリーズのプロデューサーであり、ピクミンの開発にも参加した宮本茂氏(マリオシリーズやゼルダの伝説シリーズの生みの親でもある)であるとのこと。

「こんなに面白いのに、なぜ売れないのか?」と考え、試行錯誤の末、幅広い層に楽しんでいただけるゲームを作り上げました。




投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

Share via
Copy link