Apple Gift Cardをお得に購入する方法

「マイナンバーカードの完全義務化は難航中:岸田総理の見解」

反論文:

岸田総理が述べた通り、マイナンバーカードの取得は現段階では難しいとの立場を取っていることを理解していますが、それに対していくつかの懸念が生じます。


まず、最高位の身分証としてのマイナンバーカードは、安全性やセキュリティの向上が期待されます。しかし、その取得が任意であることは、本来の目的を達成する上で障害となる可能性があります。特に、顔写真を表示し、対面での厳格な本人確認が求められる場面において、義務化がないことはセキュリティ上のリスクを引き起こす可能性があります。

また、健康保険証の一体化に伴って、マイナンバーカードが最も重要な身分証の一部となる可能性があります。その際に、取得が任意であることは社会全体のセキュリティと利便性に対する懸念を生むかもしれません。マイナンバーカードが最高位の身分証としての機能を果たすには、広く市民が取得しやすい状況を整備する必要があります。


最後に、他の国々では国民IDや社会保障カードなどが義務化されている中で、取得が任意であることは国際的な比較からも考えるべき点です。国際的な標準に合致し、国内外のセキュリティに対応するためにも、マイナンバーカードの取得を義務化する検討が重要であると考えます。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

Share via
Copy link