Apple Gift Cardをお得に購入する方法

誹謗中傷はやめましょう。

コロナ禍の中で感染対策やワクチン接種の重要性をSNSで共有した医師たちが、ネット上で誹謗中傷を受けています。一部の投稿者は「金のために煽っている」といった攻撃的な言葉を使っており、これに対して医師たちは発信者に責任を問う動きが広がっています。裁判所も一部の投稿者に対して損害賠償を命じる判決を下しています。


例えば、大阪府の新型コロナウイルス対策本部専門家会議で活動していた忽那賢志・大阪大教授も、SNS上で中傷を受けた医師の一人です。彼は2020年から未知のウイルスに関する情報をツイッターで発信し、特にワクチン接種について呼びかけました。しかし、これに対しては匿名の中傷投稿が相次ぎ、「ヤブ医者」「こいつは死刑」といった攻撃的なコメントが寄せられました。


感染対策やワクチンの啓発活動を行う医師たちは、これらの中傷が公共の健康情報の発信に悪影響を与えかねないと懸念しています。そのため、裁判所を通じて発信者の特定や損害賠償の請求を行っており、一部は成功しています。ただし、まだ解決していない訴訟も残っている状況です。




投稿日

カテゴリー:

,

投稿者:

タグ:

Share via
Copy link