Apple Gift Cardをお得に購入する方法

日本で語り継がれている都市伝説 あなたはいくつ知ってるかな

日本には様々な都市伝説があり、それぞれが独自の怖さや興味深さを持っています。以下はその中からいくつか有名なものを紹介します。

  1. 「芋煮会」: 青森県弘前市に伝わる都市伝説で、山に住む妖怪たちが集まり、芋煮を作っていると言われています。山に入るときには挨拶をし、芋煮を無視すると怒られるといった話があります。
  2. 「首なし馬」: 東京都心に現れると言われる都市伝説で、夜道を歩く人々に首なしの馬が襲いかかり、追いかけ回すという恐ろしい話が広まっています。
  3. 「人面犬(じんめんけん): 神奈川県横須賀市で語られる伝説で、夜になると人面を持った犬が現れ、不気味な鳴き声を上げるといわれています。
  4. 「テレビの女子アナウンサー呪い」: 特定の女子アナウンサーがテレビ画面に映ると、その視聴者が呪われるという都市伝説があります。特に昭和時代に有名なもので、特定の女性アナウンサーの名前が関連付けられています。
  5. 「赤マントの男(あかまんとのおとこ): 埼玉県を中心に伝わる伝説で、夜道で赤いマントをまとった男が出没し、追いかけてくるという話があります。彼が近づくと、赤いマントが見えなくなるといわれています。

これらの都市伝説は、日本の文化や地域に根ざしたものが多く、人々にとっては怖さや興味をかきたてる要素が含まれています。ただし、これらは架空の話であり、真実性はないことに注意が必要です。



首なし馬(くびなしうま)の都市伝説は、東京都心などで伝わる怖い話の一つです。以下に、一般的なバリエーションの一例を紹介します。

都市伝説のストーリー:

ある夜、東京都心の静かな通りを歩いている人がいました。夜風が心地よく、街灯の明かりが道を照らしています。その人はふと気づくと、後ろに首なしの馬が追いかけてきているのです。

首なし馬は、首のない馬の姿をしており、不気味な鳴き声を上げながら夜道を駆け抜けると言われています。その存在が怖ろしいだけでなく、追いかけ回すという言い伝えがあります。

特徴と注意点:

  • 姿勢と鳴き声: 首なし馬は、首がないとされる馬の姿をしていると言われ、その存在が近づくと不気味な鳴き声が聞こえるとされています。
  • 追いかけ回し: この都市伝説では、首なし馬が追いかけてくるという特徴が強調されています。逃げても、馬は容赦なく追いかけ続けるとされています。

起源と背景:

都市伝説の起源や背景にはさまざまな説がありますが、具体的な由来は不明です。これらの怖い話は口承文化に基づいており、人から人へと伝えられてきたものと考えられています。

首なし馬の都市伝説は、夜の街を歩く人々にとっては怖い話の一環とされ、伝統的な日本の妖怪や伝説と結びついています。




投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

Share via
Copy link